「資産運用用語集」の記事一覧(2 / 28ページ目)

ロングメーク

資産運用用語集

ロングメーク ロングメークは、資産運用(ディーリング)において、買い持ち(ロングポジション)を作ることをいいます。 また、ロングポジションとは、買いの持ち高を取っている状態であり、また「買い持ち高」が「売り持ち高」を上回・・・

ロングポジション

資産運用用語集

ロングポジション ロングポジションは、「ロング」や「買いポジション」とも呼ばれ、マーケット取引において、買い持ちのポジションのことをいいます。 これは、「買いの持ち高」を取っている状態であり、また「買い持ち高」が「売り持・・・

ロスカットレベル

資産運用用語集

ロスカットレベル ロスカットレベルは、ロスカットを割り込むライン(水準)のことをいいます。 また、ロスカットとは、外国為替証拠金取引やCFD取引などにおいて業者に導入を義務づけているもので、指定された範囲以上の損失(評価・・・

ロスカット

資産運用用語集

ロスカット ロスカットは、損失が過度に膨らむのを防ぐ損失確定の手段の一つで、ポジションの評価損がある一定レベルに達したら、強制的に反対売買させる機能(制度)をいいます。 これは、外国為替証拠金取引やCFD取引などにおいて・・・

ローリング決済

資産運用用語集

ローリング決済 ローリング決済は、市場取引において、約定日から一定期間後に、決済日を設定する方法のことをいいます。 これは、決済不能リスクを軽減するために導入されたもので、具体的には、約定日から一定期間後に順次決済を行っ・・・

レンジブレイク

資産運用用語集

レンジブレイク レンジブレイクは、レンジ相場の上限または下限を突破することをいいます。 これは、一定の変動幅の範囲内で価格が上がったり下がったりを何回となく繰り返えす相場である「レンジ相場」において、ある時、レンジ相場の・・・

レラティブ・バリュー

資産運用用語集

レラティブ・バリュー レラティブ・バリューは、「レラティブバリュー戦略(相対価値投資戦略)」とも呼ばれ、主にヘッジファンドにおいて、株式や債券、通貨、コモディティなどのロング(買い)とショート(売り)を組み合わせことによ・・・

レバレッジ効果

資産運用用語集

レバレッジ効果 レバレッジ効果は、「レバレッジ(=てこ)の原理」になぞらえ、少ない資金で大きなリターンが期待できる効果のことをいいます。 これは、資産運用においては、信用取引や先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、商・・・

利率

資産運用用語集

利率 利率は、元金(元本)に対する利息の割合のことをいいます。 これは、通常、年換算した「年利率」で表示されており、その種類(利率が入る用語)には、預金利率や期日前解約利率、借入利率、貸付利率、融資利率、予定利率、積立利・・・

両端入れ

資産運用用語集

両端入れ 両端入れは、金利(利息)などの計算において、初日(計算開始日)と最終日(計算終了日)の両方を日数に入れて計算することをいいます。 また、これに対して、初日(計算開始日)または最終日(計算終了日)の一方のみを入れ・・・

ページの先頭へ