アルファ値(α)

アルファ値(α値)は、ある証券に対する投資家の「予想投資収益率(期待投資収益率)」と資本資産評価モデル(CAPM)による「均衡期待投資収益率」の差をいいます。
これは、マーケット(市場)において形成される証券価格の「歪みを表す尺度」として利用されます。

通常、投資家の予想投資収益率は、配当割引モデルなどを使って推定され、一方で均衡期待投資収益率は、CAPMの公式から得られる証券市場線上の当該証券のベータ値に対応する座標から推定されます。
この考え方では、証券市場が価格形成に関連する情報処理において効率的であり、証券の価格形成がCAPMに基づいていることを前提としています。

例えば、本数値がプラスの場合、投資家の予想収益率が均衡収益率を上回っており、証券価格が過小評価されていること(買いシグナル)を表しているのに対して、逆に本数値がマイナスの場合、投資家の予想収益率が均衡収益率を下回っており、証券価格が過大評価されていること(売りシグナル)を表しています。

また、アルファ値(α値)は、ある証券(銘柄)に投資を行う場合に、ベンチマークを上回る収益率(超過リターン)を得るための源泉のうち、その銘柄固有の特性に基づく部分をいうこともあります。
これに対して、超過リターンを得るための源泉のうち、市場全体の変動に基づく部分はベータ値(β)と呼ばれます。

merumaga-bana2

あなたは、お金の勉強を今までにしたことってありますか?

このメルマガは過去5年間配信しております。途中で休憩期間はありましたが、今まで多くの有益な情報をメルマガ会員さんにお知らせしてきました。
一般では出回らない内容も多数含まれています。

例えば、
・たったの2年で2倍。年利回り36%の伝統的不動産投資
・3年で1.5倍のマンション不動産投資
・1500万の投資で1億円まで増やす、海外○○投資
・100万円の節税効果があり、5年間で元金を回収する投資


もしかしたら、あなたはそんな詐欺な話!?っと思うかもしれませんね。

ですが、実際に過去にあった投資案件です。

では、なぜそんな案件があなたの元に来ないのか?
それは、本当によい条件の投資とは、ネットなどでには出回らないからです。

お金をもっているごくごく少数の人たちの元にだけきます。

そりゃそうですよ。
だって、その人達の元に話を持っていけば、100口限定の案件が1週間で完売するんですから。

わざわざネットにさらしている時間も、必要性もないんです。

そういった案件をメルマガではご紹介していますが、先ほども記載したように、本当に条件の良い案件は、すぐに埋まってしまいます。

あなたが「どうしよう?」と考えている間に埋まってしまうんです。

まずは、情報を得て、今のあなたに必要な物かどうかを見極める知識を得て頂ければと思います。

所澤真のお金の真実メルマガのご登録はコチラ↓

お名前
 
メールアドレス
 


※登録されたメールアドレス宛に20秒以内自動返信されます。登録後、メールボックスをご確認ください。送信者名「所澤」からメールが届きます。
※もし、お申込み後1分以内に返信メールが届かない場合はメールアドレスに間違いがある可能性があります。 その場合はお手数ですが、もう1度登録をやり直してください。また、迷惑フォルダーに入っている場合がありますので確認してください。
※登録された情報はプライバシーポリシーに従って厳重に保護されますので、第三者に渡る可能性はありません。
※また、登録の解除はいつでも出来ますのでご安心ください。